ブログパーツUL5


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
年間定期購読<送料無料>
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< お弁当なら、、、 | main | リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
岳物語 / 椎名誠
「山登りの好きな両親が山岳から岳から名付けた、シーナ家の長男・岳少年。坊主頭でプロレス技もスルドクきまり、ケンカはめっぽう強い。自分の小遣いで道具を揃え、身もココロもすっかり釣りに奪われてる元気な小学生。旅から帰って出会う息子の成長に目をみはり、悲喜こもごもの思いでそれをみつめる「おとう」…。これはショーネンがまだチチを見棄てていない頃の美しい親子の物語。著者初の明るい私小説。」
岳物語
岳物語
椎名 誠

岳物語 (続)
岳物語 (続)
椎名 誠
| - | 16:09 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 16:09 | - | - |









http://zakky.jugem.jp/trackback/28
「男・椎名、父親・椎名」 椎名誠/続 岳物語
 世の中には、「男だからこそわかる」という文学作品が存在する(と私は思う)。  例えば、東野圭吾の『秘密』がそうだ。主人公の苦悩や嫉妬、悲しみといったものは、きっと女性の読者には完全には理解できない世界だと思う。だから、『秘密』を読みながら流す涙の意
| 波野井露楠の徒然日記 〜ROCK&BOOK〜 | 2006/05/04 7:42 AM |