ブログパーツUL5


CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
年間定期購読<送料無料>
LINKS
PROFILE
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< ニューシネマパラダイス | main | コインロッカーベイビーズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
さらば青春の光
高校生の頃に見ました。ビデオで。みんなであーだこーだ言いながら、ベスパがでてきちゃ一時停止にしてみたり、501を買ってきてははいたまんま風呂にはいったり、、、。若気思い出満載の映画です。The Whoも好きだったし。
さらば青春の光
さらば青春の光
「ザ・フーのアルバム『四重人格』を原作として製作されたフランク・ロッダムの情熱的な作品。ロックを基盤にした作品としては、ザ・フーの別のロックオペラ『トミー』やピンク・フロイドの『ザ・ウォール』、ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』などの成功に並ぶ。1960年代の英国ブライトンを舞台に、自分の道を模索する若者グループ、モッズとロッカーズの対立を描いたストーリー。ザ・フーのアルバムに即したストーリー展開ではあるが、完全な映画化にはなっていない。この作品は、自分のアイデンティティーや服装、一緒にいる仲間さえロックを基準に選択する10代という揺れ動く年代を淡々と描いている。スクーターを乗り回し、イカしたファッションを自認するモッズのジミー(フィル・ダニエルズ)。聴く音楽はアメリカン・ソウルとブリティッシュ・ポップ・ロック。一方、対立するロッカーズは、皮ジャンと革靴で身を固め、オートバイで駆け回るタフな集団。こちらの音楽はアメリカン・ロックンロールだ。若者のポップ・カルチャーを完ぺきにとらえた作品である。また、ホテルのベルボーイとして働く表の顔を持ったモッズ青年にスティングが登場しているのも見逃せない。」
| 映画 | 16:43 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 16:43 | - | - |









http://zakky.jugem.jp/trackback/35
ロック・オペラ『TOMMY』来日!!!
商品画像: 商品名:フー/マイジェネレイション デラックス・エディション (紙ジ...
| diskunion新宿中古センターblog | 2006/03/11 11:30 PM |